クリーン農業への取り組み

特別栽培農産物の化学合成農薬と化学肥料の使用状況を紹介します

■特別栽培農産物 『馬鈴薯(男爵・メークイン)』 ~クリーンポテト 28年産~
化学合成農薬の使用状況 (慣行基準21回)
使用成分名 用途 使用回数(成分回数) 代表使用例(5パターン)
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
ストレプトマイシン・塩基性塩化銅 殺菌 2(0) 2(0) 1(0) 3(0) 3(0)
フルトラニル 殺菌 1(1)        
チアメトキサム 殺虫         1(1)
アセフェート 殺虫          
フルオピコソド・プロパモカルブ塩酸塩 殺菌 1(2) 1(2) 1(2) 1(2) 1(2)
フルアジナム 殺菌 2(2) 2(2) 1(1) 2(2) 2(2)
シアゾファミド 殺菌 1(1) 2(2) 1(1) 2(2) 1(1)
シモキサニル・ファモキサドン 殺菌 1(2) 1(2) 1(2) 1(2) 1(2)
塩基性塩化銅 殺菌          
オキソリニック酸 殺菌 1(1)       1(1)
マンゼブ 殺菌         1(1)
ペンシクロン 殺菌         1(1)
成分回数合計   10回以内 10回以内 10回以内 10回以内 10回以内
化学肥料使用状況 (慣行基準 窒素成分量11kg)
使用資材名 用途 使用量 (5パターン)/10a当り
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】
S033 基肥     4.0㎏    
硫安(粒) 基肥          
燐安 基肥 5.5㎏ 4.1㎏   4.3㎏  
トモエ126号S 基肥         4.8㎏
硝酸カルシウム 追肥   1.4㎏   1.1㎏  
合計化成窒素分/10a当り   5.5kg以内 5.5kg以内 5.5kg以内 5.5kg以内 5.5kg以内